会報23号の制作遅れのお知らせ

いつもいつもデフォルトのように会報が遅れるのでありますが。

今回ばかりは、ぎっくり腰のとき並の物理的ストップです。

iMacが完全に壊滅しました。わずかに書きかけていた草稿データは飛びました。
6年使っていて、しかもリコール対象であったものを、デスクトップゆえ無視して使い続けてきたので仕方ないでしょう。
新しいiMacを買いました。OS10.6.8さようなら(新しいのはどうなるの?よく分かっていない)。

ナポレオンと名付けていた愛機は「フカノウ」を絶対に変換しませんでした。
変換しないまま、使用フカノウになりました。
新しい相方はどんなコになるのでしょう。

えーでぃーえすえるとの接続とか、なんかメーラーの設定とか、本当に自信がないのでいつから新機がツカイモノになるか今分かりません。
機体自体は明日配送されてくる予定です。

私の知能が枯渇してもう何も書けないとか気力がなくなってもう走れません、でなく、純粋に原稿を打つツールがないだけなので、個人的には問題ございません。また、消えたデータに関しても、諸橋轍次先生のことを思えばそんなことはダメージというにも憚られます。
(いつぞやの会報に書きましたが、諸橋轍次は20年に渡って苦心惨憺して手作業で作り上げた漢和辞典の素材すべてを東京大空襲で一瞬で失いました。それでも飄々として「別に落胆も苦しみもなかった」と語り、「きわめて大ざっぱなあきらめの気分」を吐露しました。その後また気の遠くなるような作業を経て語彙数53万語の大修館大漢和辞典は刊行されています。)

ワタクシ、とりあえず数日東北にいってきます。
かねてより行きたいと標榜していた「アクアマリンふくしま」と、あと加茂水族館にいけるといいな、と。

ま、結果的にそれらのレポも入ることになるのかもしれません。

封筒は宛名書きをすませ、アナログにすべて切手を貼った状態で中身の出来上がりを待っています。

いつもながら本当に申し訳ございません。早ければ中旬、何があっても(たとえ全頁手書きとなっても)今月中にはお手元にお届け致します。
会員さまには心より遅延をお詫びいたします。

(慣れないツールでこのブログを書いております、ポストできるでしょうか。)

ファイナル

最近、なかなか写真を撮る余裕のあるライブがないのである...。

まあ女学院さんのツアーファイナルを...。
地味な衣装だが、もう年齢的に限界です。
ディルンドルどうなんだろう。

ここは終演後追いまくられないので余裕です。
いつもの場所だが、猫はいなかった...。気配を察知したのか。逃げられた。
IMG_1528.jpg

会報21号につきまして


会報21号に第6期へ継続用の振替用紙を同封しております。
(第5期会員さまでお届けできていない場合は至急お知らせください。)

金額欄が未記入でしたが、会報2ページでご案内しているとおり3900円となっております。THANK YOU です。

21号に致命的な訂正箇所はございません。
アマテラスが尼テラスになっているほか、細かなところは数カ所ございます。
あとカラーページの位置がおかしいですが、センターをカラーにするのがいちばんページネーションが楽という貧乏臭い事情でございます。すみませぬ。

会員さんこんにちは!コーナー1ページはシリーズ化していきます。
自薦もお待ちしております。


第6期の確定会員さまが万一100名を越えそうな場合、新規会員募集は停止します。継続される場合は5月15日までにお手続きいただければ会員資格は保証いたしますが、お早めにお手続きいただければ幸いです。

なおご継続会費受領後、確認のメールをアバウトに送信しております。
ツイッターDMやFBのメッセージでお届けしているお客様もおられます。
メールアドレスをいただいていない会員様、ならびに当初お知らせいただいたアドレスから変更のあった会員様、あるいは迷惑メール設定の関係でお届けできていない会員様も継続はされておりますのでご安心ください。22号は6月初旬までにお届けいたします。
御礼メッセージは縦読みになっておりますが、携帯メールなどの改行ではまったくお気づきいただいていないかもしれませぬ(笑)。
なお、4月大阪ならびに5月東京のライブ会場でも直接継続のお手続きを承りますが、その場合確認メールの送信は割愛させていただきます。

ご不明な点はtmrあっとまーくsq-54どっとこむまでご連絡ください。

折り修羅場の夜明け書斎↓
Foto[1].JPG

第6期会員募集のおしらせ(新規会員さまへ)

スクエア54田川です。

第6期の新規会員を募集したします。

3月25日にHP上に新規会員募集のフォームを設置しました。
HPトップの緑色部分からどうぞお気軽にアクセスくださいませ。

いったんお預かりした個人情報には責任をもちます。
ご要望や入会のお申し込みがない限り、こちらから今後封書やメールをお送りすることは一切ございませんのでご安心ください。
会員になられた場合、年に4回アナログ茶封筒の会報をお受け取りいただく以外の任務はいっさい発生いたしませんし、会費投資の他にリスクはございません。

第6期は2015年4月から2016年3月まで、という建前クールですが、会員確定が5月中旬となるため実質的には2016年4〜5月くらいまでの会期になります。
会員用割引チケットなどは翌年5月末日までご利用いただけますのでどうぞ。
ひとりアクトゆえのフレキシブルですみません。ひとつき遅れくらいの感じで進行中。第7期のときには遅れを取り戻せるといいなと。
要項ご請求いただいた方にお送りする冊子(憂慮のあとが見られます、笑)にも一律に2015年4月から翌3月で統一しましたが、上記のようなアバウトな感じです。

なお、年に4回会報を書き下ろして手製本郵送しておりますが、個人のキャパシティとして100部の作製が限界です。アナログのスタイルを急激に変えられるだけの技術を今の私はもちませんし、何よりあまり変える気がございません。

万が一、会員さまがのべ100名を超えるようなことになった場合、5月15日の新規申込期限を早期に打ち切ることがございます。ご了承ください。

現在ご住所をお預かりして3日以内に振替用紙とご案内を同封した封書を郵送しております。万一一週間経過しても届かない場合はお問い合わせください。
infoあっとまーくsq-54.comまで。

なお、ライブ時に常識的なルールをお守りいただけない場合、あるいは会報などを無断で転載や流用された場合、他のお客様のご迷惑になる行為が認められた場合、その他会員にふさわしくないと思われる言動とスクエア54が判断した場合、会期中でも退会していただくことがございます。その際納入された会費は原則として返金できません。ご理解ください。

みなさまのアクセスをお待ち申し上げます。

スクエア54 田川とも子

会報21号、第6期継続のお願い(現会員さまへ)

スクエア54田川です。いつもありがとうございます。

第5期4冊目の会報21号は作製段階です。4月3日までに郵便局投函をいたします。
第6期への継続のお願いと振替用紙を同封させていただきます。
いましばらくお待ちください。


第6期は2015年4月から2016年3月まで、という建前クールですが、会員確定が5月中旬となるため実質的には2016年4〜5月くらいまでの会期になります。
会員用割引チケットなどは翌年5月末日までご利用いただけます。継続されない場合でも、第5期の割引チケットは5月中まではご利用いただけますので、余らせている方はぜひ。

会報ですが、現在のスタイルでは100部の作製が限界です。それはスクエア54が募集する会員さまの上限の数となります。現会員さまでご継続いただけるという方のご希望はすべて承る所存です。
(万一、会員さまが100名を超えるようなことになった場合、5月15日の申込締切を待たずに新規会員の募集を早期に打ち切ることがございます。)

こちらのブログをなかなか更新しない理由は会員さま用ブログで以前少し触れたとおりです。すみませぬ。

つねになりゆきに翻弄され付け焼き刃ですが、守るべきものを守り攻めるところは攻めていきます。
今後ともSQ54をどうぞよろしくお願い申し上げます。

付け焼き刃が板につくまで...。
CARPE DIEM!


スクエア54タガワ


会報20号、訂正アリ


こちらは放置ですみませぬ。

会員さまには1月3日に会報20号を大阪中央郵便局から窓口に直接投函しております。

ライブ日程に訂正がございます。

セットリスト『アイドルの夜明け』は
(誤)2015年3月15日(火)→ 正 2015年3月17日(火)です。

大変申し訳ございません。HPのインフォも誤っておりました(が、しれっと訂正しました)。日曜はそもそも夜間に会場設定がございません。


なぜか年賀状代わりのポスカが一枚余っているのですが、封入されていない方おられましたらご連絡ください。完全封印後、封筒のすべての重量を測った結果封入されているように思われるのですが。喪中の方に関しては新年のご挨拶スタンプをはずしたつもりですが、これも漏れがあるかもしれません、どうぞご寛恕くださいませ。また18、19、36、37ページの紙が1枚余っていて不気味です。ウラジロ(片面しか刷れていない)のは回収したのですが...。
お気づきの点がございましたらご遠慮なくお申し付けください。

カラー部分とくに印刷画像が荒くて申し訳ございません。両面印刷にすると裏抜けしてしまうのですが、紙厚を上げると他の部分で問題が出て来てしまいます。

失敗を重ねつつもこの作業は好きなので、今後もこの会報形態はしばらく継続したいです。おつきあいいただければ幸いです。

ハロウィン

色んなことがこれで最後かもしれないと思いつつなんとなく20年近くフリーターをしている...。半年後の自分がどうしているか本当に分からないスリル。
いや、半年後はおろか、3日後の自分が想像できない生活。

たとえば東京でライブをするために羽田行きの飛行機に乗る。
いつも上空で思うのだ。
2日後の帰路便のときの私はどんな人なんだろう、と。
何を話して、どんなライブになって、どんな展覧会を見て、何を掴んで戻ってくるのか。まったく予測見えない。2日後に伊丹行きの飛行機に乗る時にはそれらを全部知っている自分になっているはずなのだが、夢みたいだなと。眩しいな、と。
その連続。

先週の自分が知らなかったことを今週の自分は知っているという不思議さに目眩がする。

来年のハロウィンはどこでどうしてるんだろう、と去年もそういや思った。
明日をも知れぬ非常勤ナガシだからこそ、真剣に遊ぶのだ。
ヘヴィな境遇ゆえにライトなフットワークは可能になる。


で、2014にもハロウィンは来ました。

Fotosqhw].jpg
この白衣は医療側でなく患者側のコスなのですが、何でもまあいい。
市販品に穴あけたり斬ったり縫ったり塗ったりしてカスタム。

ナース服と水兵服は割愛しますぜ。アウェイだったので。

女学院さんのハロウィンパレードは盛大で、みなさん美形なので目に良いですね。すみませんね、青春の幻影で。時の中を旅する女なので年齢はいいじゃないか。15年前以上前の手製の衣装ですが、微修正しました。ファー外すの面倒でしたがバランス的に裾を4センチほど上げました。
でももうこのウィッグ限界です。介護なしで歩けない。
重量で後ろに引きずられるのを首で支え続けるのですが、翌日から首痛です。
Foto[1]_3.jpg


来年は(私に来年などあるのか...?)、もう着ぐるみにしたい。スパーキーとかになります。誰か首輪引いてね。いや、テッドのほうが楽だな。いや、鉄仮面かぶってスケバン刑事もいいな。(すみませんすみません、やってそうでコワいです。もうアヤナミはやらないように衣装ごと譲りました。)

ハロウィンもここ数年で急激に日本的な拡散を見せていて、臨界点のようです。SNSの発展と並行するようですね。アップする写真の格好の題材としてもいいのでしょう。単にたまった鬱憤をはらす口実として利用されている側面も見えてきました。形骸化した「ええじゃないか!」的様相。ネット上でも匿名武装するような層が仮装して悪事をはたらく日にならぬよう。
ルールあってのゲームの快楽。
ハロウィンの翌1日は万聖節。すべての聖人を崇める日に街がゴミだらけだったりする愚行はいただけません。

さて、街の変わり身の早さと商業主義は異常。すでにクリスマスのようです。

悪夢の八丈島

このブログ、二回書いて二回とも長文が全文消えたのでこれで三度目の正直である。何かがだめなのだろう。

もう要点だけ。箇条書き。

9月、ひとりで八丈島へ。
台風で飛行機飛ばず羽田から東京へ出て一泊。
歯からくるぶしにいたるまで最初から体調不良。
最初からイヤな予感しかしないw。
悪夢の旅は多々あったが、あとから思い出す分にはオイシいのだな。
なのでとにかく強行はする。
島着。ビーサンを忘れたので空港で買おうと思うが物価の高さで断念。
タクシーに乗るも島らしからぬ高さに無になる。
八重山諸島の素晴らしさをあらためて知る。
島の宿、イメージと(ネットの写真と)なにか違う。
絶対値としては「実際にこないとわからない事実」なのでそれもあり。
島を走る車は品川ナンバー、ここは東京都。
レンタカーという選択肢は私にはない。
運転できないのではなくどこでも酒を飲みたいからである。
徒歩30分の商店で缶ビールと焼酎と日本酒とその他買い込む。
菓子パンとポテチで食いつなぐことにする。
重さに辟易する真っ暗無人の帰り道...。
翌日も暇なので海岸に出て缶ビールと読書。
海岸、ひたすら汚い。ゴミだらけである。
「泳げますよ」BY宿の人。
そりゃ泳げるだろう、死ぬかもしれないだけだ。
叩き付ける波、砕ける波。台風中継のコスプレしたいわ。
間近で見ていると、北斎の描写力の凄さがよくわかる。
富士山柄マイクロビキニを恥じらおうにも無人なのである。
全裸でもそう変わらない、と思われ。
まあいい。
私はたいていのことはまあいいと思える。
そんな自分が♪情けないようでたくましくもある〜。
迎えにきてくれるそうなので観光客価格のマッサージへいってみる。
全裸だった。まあいい。整体とタイ式の間くらいだな。
島を去ってから頸椎と腰椎をやられて病院通いになる。
(因果関係は証明されていません。)
長崎の出島ワーフのなかにあったマッサージ屋は最高だったなと回想。
二度と来ないであろう観光客にいいサービスを提供できるということ。
いつかそれが客をリターンさせますよ、大事なことです。
島らしいことはいっさいなく東京へ戻る。
もちろん、すんなりは帰れなかった。
飛行機がトラブって離陸後引き返し。
1000円もらって空港でひたすら待機(延々ビール)。
その後いままでかかったことのない口唇ヘルペスに侵される。
謎の体調不良は10月半ばまで尾をひいた...orz。

まあいい。たのしかった。

hachijo.JPG
あんまり泳げないと思う...。(じっさいはこんなもんじゃなかった...)

会報19号につきまして

会報19号は9月8日に郵便局窓口投函いたしました。
未達、落丁などお知らせください。


言い回しのもたつきや、主語の重複がうざい箇所や、括弧の終始があっていない部分や、文末の犬足跡マークが抜けている記事や、ページネーション組みのための鉛筆メモ(E6とか。映画の原稿の6ページ目、ということです、それでA4裏表に8頁付けで版下を組む)の消し忘れを発見しております。

本当にイヤなミスは以下の3点です。

P9 1行目 〜言葉に3ハッとする▶〜言葉にハッとする。
(なぜ3が入ったのかわかりません。)

P15 9行目 腕がない人が▶腕がある人が
(これは引用元自体がすでに間違っていて、遠足時に参加者にお渡ししたレジュメにもこうなっていますが、意味的におかしくなりますね。)

P22 下から6行目 正確には『林檎と少年』ではなく、そのダミーとして代わりに掛けられた絵画がエゴン・シーレ的な作品でした。やがてナチスに頽廃芸術扱いされて弾圧されたシーレが思われます。

その他お気づきの点ございましたらお知らせください。

アートエッジ集成増刷分はしばらくライブ時に販売する他、郵送(送料無料)も承ります。どうぞお申し付けください。

集中講義が終わった...

イアマスさんの集中講義はアナログの私には恐怖で、いつもすごすご逃げ帰ってくるのだけれども、そろそろ戦わないとな、と。
何で戦うかって、まずは衣装だろう。型から入るのだ。型を破るためにはまず型を作るのだ。

で、K林先生が写真を撮ってくれた...。

写真[5].jpg

初日。朝イチの出発で土砂降りで髪の毛も顔もボロボロである。
自分がクランケに等しい...。
聴診器にナースキャップ。現在ではもはや記号と化したアイテムをコスプレっぽく装着、これで医学史のライブをする。

写真[9].jpg

2日目。超特急美術史なので、ガイドというかパイロットというかCAというか...。
嵩張る付属帽子が遠征バッグに入らず、適当に代用。
少女時代みたいと言われた。え? フライト? 乱気流でしたよ、すみません。

936076_686175368132034_3733150128144550206_n.jpg

3日目。会場入りしてからメイド服をしつらえたので楽屋写真がないぞ、と。
日本のサブカル論というかもろコスプレという身体技法論なのでいいのだ。
ネコミミにメイド的エプロン、王道にして堕落である。

客席にもかわいらしいコスプレ学生さんがいらしてうほうほするが、なにぶんアウェイで何が起こるかわからないツアーなので余裕がない。

そもそも私のコスプレはトータルオール自作の三次元レプリカントだったのに、こんな軽い市販ものを組み合わせた「なんちゃって」を楽しんでいて恥ずかしくないのか、と自問(え?そこですか?年齢とか考えろというのは置いておいて。分かってますっ!でも、「年齢は自分で決めるもの」だって内田樹先生が...。)するが、これはこれで軽くてよい。


四日目はもうアンコなのでスパーキーTシャツである。
普段の講義のデフォが黒スーツにネクタイに黒ハイヒールゆえ、Tシャツにサンダル履きなんていうのがいちばん落ち着かない「コス」だな、と逆説的に思う。

あ、先月の女子大ファイナルのメイド服的衣装ネズミ耳バージョンをついでに残しておこう。
タトゥを飛ばしてモノクロにしたのだが気に入っている...。

撮影してくれたゆめちゃん、ありがとう。

写真mini.jpg

写真なんて加工し放題なのだな、とiPhoneのカメラの使い方を教えてもらっていて思う。
タトゥだけ消せるとか、なんだかなあと。
プロポーション引き延ばしたりウエスト削ったりも誰でも簡単にできるんでしょう?
だからこそ、意地でもそれはしない。
私のプロポーションは外界からのIMPRESS(外圧)と自分の内側から外へと表出する力(EXPRESS)のせめぎあいが描くライン。
いちばん私が私らしく世界と関係できる状態を模索することこそダイエット(養生術)であって、それは数値でははかれないし、まして加工なんてできない。生身の個人的なもの。いかんともしがたい生身があってはじめてそこにコスチュームが乗る。