2012年10月

コスプレイヤーは二度死ぬ

「コスプレとは、自分を削っていくことによって自己表現に代える高度な身体技法である」という趣旨の原稿(『コスプレイヤーの憂鬱と愉楽』京都造形芸術大学紀要GENESIS 第8号2004年)を出してから8年も経った。私にしては珍しく、一日で一気に書き上げて一切の加筆訂正をしなかった文章である。最初から完成していた、ゆえにコスプレイヤーとしての自分はもう終わって興味のないものになったんだな、と自分でも思った。
書いた時点ですでに「引退」はしていたし、まあ身体技法実地報告のようなものだ。

コスプレをしてきた自分と、それに逆行するようにタトゥを入れた自分のマインドには自分で興味があった。

二次元キャラにも三次元芸能人にでも、自分以外のナニモノにでもなれる透明な身体としてのコスプレイヤーの身体。
対して、自分以外のものを受肉したがゆえに、もはや自分以外のナニモノにもなれないのがタトゥをほどこした肉体。

重くて、軽い。
私にはどちらも重くて、その重さと同じくらいのヘビーさで、軽いとも思う。

自分の好みとはまったく無関係の布を選び、自分のサイズとは全く違う寸法に裁断し、自分の身体に沿わない他者のラインにむかって縫製をする。自分の日常生活でつくはずのない筋肉を無理矢理のトレーニングとプロテインでつけて、自分の肉体のプロポーションを補正し、捏造し、メイクし、髪色も目の色も変え、他者に近づける一連の作業。それが何のディシプリンなのかよく分からないまま夢中になった。重い自分を脱ぐように、あるいは"取るに足らない自分にモビルスーツ"を履かせるように。

モデルとしての対象に似れば似るほど、どうしようもない自分は立ちはだかる。
"似ていることは非なることの証にすぎない"(蓮実重彦だっけか)のだ。
コスプレをするターゲットに漸近線を描いてどこまでも無限に近づいていくことはできる。だが、絶対的に、そのものになることはできないのだ。不可能なのだ。あたりまえのことだ。忌まわしいほど最後は自分なのだ。
(情報をネット上で探して、豊富な物資のなかから選択するだけで、出来合いの衣装をクリックで入手して、デジタル加工で画像を自在に調整して、テへペロしている今どきの〈コスプレイヤーもどき〉には分かるまい...)


※※※

さっき丁寧なお手紙をもらった。私が誰より愛したロリータが、ロリータとしての人生に終止符を打つという。
過去を脱衣して、新しく生まれ変わる人生に、心よりエールを...。
...「たまに着るロリィタ服なんてただのコスプレ、あってはならないこと」と彼女は云う。
ファッションとしてでなく生き方としてロリータ服を纏って徹頭徹尾それで生きて戦ってきたコがそれを脱ぐ時、
あるいは、子どもと大人のはざかいに自覚的に気づいて傷ついているコがそれでも新しい大人としての自分を築きあげる時。
(そういう季節なのか、何人か重なる。)
強くて綺麗なコというのは、切先も潔いほど尖っているから傷つくのだ。だが、その哀しみの深さは、そのコの奥行きの深さ。

私にはそういえば脱衣というものがない。
だって最初から「コスプレ」なのだもの。
弱さなのかだらしなさなのか狡さなのか。

そしてその代わりとしてのタトゥは宿命的に脱衣できないという、いわばアンビバレンツな「コスプレ」。

そこまでも、せねばならない、自分かな。(俳句か、笑)

ありとあらゆる他者を見つめて、それを繋いで、言葉として縫製して見せてる、今のライブも、ひとつのコスプレ。
ルールありきのプレイ。スタイルありきのフリーダム。
年々ヘヴィになるのは、「自分らしさ」なんていう贅肉のせい。

個性なんてものをとかく欲しがる若者がいるけれど、私にとって個性ほど邪魔なものはなくて。
邪魔だし、重いし、誤審するし、できるだけ排除したいけど、どうしても残存してしまうもの。

自分を殺し、やがて他者に殺されるまで、コスプレイヤーは二度生きる。

booth.cos.jpg

DSC02383.JPG

ハッピーベアル

某大学の堺キャンパスに出講途中、インパクトの強い列車を目撃。
思考停止のブルーカラーに白いどうぶつの絵が大書してある。ありがちな広告文や企業名の類いが一切ないのが潔い。
ツイッターでつぶやいたところ、即座に情報がよせられた。泉北高速鉄道の「ハッピーベアル」号である。
私がまったく頓着しなかっただけで、よく知られた由緒ある車両のようだ。クマ(猫か犬かと最初思った)の部分のインパクトが強すぎて人間キャラ部分を見なかったが、確かに松本零士氏の絵だ。笑っているクマの目の上に運転手さんが来るのだが、わりと真面目な顔をされていて(あたりまえ)、ぽかんとする。

奇しくもその翌日、長野駅ではホンモノのクマが出現して大騒動となっていた。
ホンモノのクマは恐ろしいのに、電車に描かれたクマはもてはやされる、クマのプーさんは人を襲わない。
ホンモノのネズミは汚くて疎まれるのに、ミッキーマウスはアイドルである。
なんという表象イメージの楽園...、てなことをちょっと考える。

ついでに、公共の機関や都市の建築物がやたらと遊戯化することも私は憂う。
ゆるキャラが捏造(一生懸命考えた結果のキャラでなく、最初からいい加減さや不完全さを目論んでツッコミねらいウケねらいのあざといヤラセ感)されて濫立するのも食傷気味。パンダやポケモンが塗装された航空機に、なんだかえげつない絵と広告入りの電車、商業ビルのてっぺんの観覧車、萌え絵だらけの広告物、なんちゃって感満載のホテルやレストラン...。この国は子どもっぽいのか境界線が緩いのか。

まあ、ハッピーベアルのストラップをゲットしたのだけれど。
そして嬉々として速攻で携帯につけたのだけれど。
誰よりも私が脳天気で子どもっぽいのだけれど...w。

いいのだ。大人げなさを楽しめるのは大人の特権なのだ。

121011_1852~01.jpg

ワーイ!って後先考えずにさっさと携帯につけてしまってから、携帯で撮影しようとするとこうなる...笑。

dogとgod

121009_1803~03.jpg

お前の抜け毛で私のライブ用黒服が毛だらけになるのだよ...。

ちっちゃくて細っこくてぷるぷる震えていたいちたろう君もすっかり老犬になった。
北京ダックのようにツヤツヤテリテリしていた茶色の毛並みは真っ白になり、視力も聴力も衰えて。
でも、いつ何時であれ、全力で尻尾を振って飛びついてくるその無差別無制限無条件の愛は比類なく。
私が乞食でも大学教授でも、犯罪者でもノーベル賞受賞者でも、無一文でもセレブでも、このコには関係ないのだろう。
それは、確かに、神の愛に近いではないか。

ありがたいなあ、あったかいなあ、と思うのである。

  • 1