2013年2月

メーテルのコスプレ

写真を...と言われたので、再度あげますが、これでライブをしろとか簡単に言わないでください(笑)。頭がどれだけ重くて孫悟空状態に締め付けられて、ウエストしんどくて、さらにどれだけヘビーな静電気との戦いになると思ってるんですか!?

ウィッグは吊るしで160センチ。使った黒布はウェディングサテン、トリミングは結構いいフェイクファー。ブーツは市販で普段遣いのもので代用してます。ウィッグ着用を想定せずに帽子を縫製したのが間違いであり、しかし結果的に二次元キャラの頭の小ささを考えるとこれで限界でもあり...。

CIMG1921.JPG
二次元キャラのウエストには無理があります。縫製してしまうともう入れこむしかないですが、コルセットつけないとファスナーあげるのは危ないです。


CIMG1918.JPG
慣れないつけまつける...笑。

CIMG2051.JPG
だんだん毛が広がってくる...。

CIMG1998.JPG
毛に埋もれる...。

撮影は2011年のものです。とりあえず、こんな格好で銀河鉄道に乗って旅をするのは無理だとおもいます。

会報12号の発送と内容の訂正

スクエア54の会報12号は2月13日に郵便局から発送いたしました。

会員さまで未達の場合は来週以降に、お問い合わせくださいませ。
また、落丁やページネーション異常の不良本がございましたらお取り替えいたします。なにぶん手作業ですので不安を覚えております、ご遠慮なくご指摘くださいませ。

9頁に「異常」がございます。2段落目の文章。

誤↓
 私がチョコレート展で記憶に残っていることはひとつだ。リンネである。入ってすぐのところにカカオの木の学名をテオブロマ・カカオと名付けたのはリンネだと書いてあったのだ。テオスのブロムでテオブロマ、「神の食べ物」の意味である。本来チョコレートはとは「苦い(または熱い)水」の意味であったことを、神は随分なものを食されるものだと思うが、おお、カール・フォン・リンネ。

訂正↓
 私がチョコレート展で記憶に残っていることはひとつだ。リンネである。入ってすぐのところにカカオの木の学名をテオブロマ・カカオと名付けたのはリンネだと書いてあったのだ。テオスのブロムでテオブロマ、「神の食べ物」の意味である。本来チョコレート〈トルツメ〉とは「苦い(または熱い)水」の意味であったことを認識すれば、神は随分なものを食されるものだと思うが、おお、カール・フォン・リンネ。


 今思い出しました。
『本来チョコレートは「苦い(または熱い)水」の意味であったことを思えば、神は随分なものを食されるものだと思うが、』にまずしてて、「思えば」と「思う」が重なるのがウザくて一瞬止まったことを...。
 その次の段落も語尾に「である。」が3文連続して重なっていて(私こういうの嫌うんです...)、焦りが見られます(笑)。1頁だけどうしても空いてしまったんです、ページネーションの割り振りで。スパーキーの中綴じ部分だけ先に版下コピーをあげてしまっていたので変更できず。ピアスの長文に中綴じのスパーキーまたがせるのは不格好すぎたし、ピアスの長文のフォント落として6頁に入れ込んだり試行錯誤したのですが、最終的に初志貫徹で1ページ急遽ここを駄文で埋めようと画策したのであります...。魔の9ページ、学びました。申し訳ありません。

とりいそぎ。

  • 1