悪夢の八丈島

このブログ、二回書いて二回とも長文が全文消えたのでこれで三度目の正直である。何かがだめなのだろう。

もう要点だけ。箇条書き。

9月、ひとりで八丈島へ。
台風で飛行機飛ばず羽田から東京へ出て一泊。
歯からくるぶしにいたるまで最初から体調不良。
最初からイヤな予感しかしないw。
悪夢の旅は多々あったが、あとから思い出す分にはオイシいのだな。
なのでとにかく強行はする。
島着。ビーサンを忘れたので空港で買おうと思うが物価の高さで断念。
タクシーに乗るも島らしからぬ高さに無になる。
八重山諸島の素晴らしさをあらためて知る。
島の宿、イメージと(ネットの写真と)なにか違う。
絶対値としては「実際にこないとわからない事実」なのでそれもあり。
島を走る車は品川ナンバー、ここは東京都。
レンタカーという選択肢は私にはない。
運転できないのではなくどこでも酒を飲みたいからである。
徒歩30分の商店で缶ビールと焼酎と日本酒とその他買い込む。
菓子パンとポテチで食いつなぐことにする。
重さに辟易する真っ暗無人の帰り道...。
翌日も暇なので海岸に出て缶ビールと読書。
海岸、ひたすら汚い。ゴミだらけである。
「泳げますよ」BY宿の人。
そりゃ泳げるだろう、死ぬかもしれないだけだ。
叩き付ける波、砕ける波。台風中継のコスプレしたいわ。
間近で見ていると、北斎の描写力の凄さがよくわかる。
富士山柄マイクロビキニを恥じらおうにも無人なのである。
全裸でもそう変わらない、と思われ。
まあいい。
私はたいていのことはまあいいと思える。
そんな自分が♪情けないようでたくましくもある〜。
迎えにきてくれるそうなので観光客価格のマッサージへいってみる。
全裸だった。まあいい。整体とタイ式の間くらいだな。
島を去ってから頸椎と腰椎をやられて病院通いになる。
(因果関係は証明されていません。)
長崎の出島ワーフのなかにあったマッサージ屋は最高だったなと回想。
二度と来ないであろう観光客にいいサービスを提供できるということ。
いつかそれが客をリターンさせますよ、大事なことです。
島らしいことはいっさいなく東京へ戻る。
もちろん、すんなりは帰れなかった。
飛行機がトラブって離陸後引き返し。
1000円もらって空港でひたすら待機(延々ビール)。
その後いままでかかったことのない口唇ヘルペスに侵される。
謎の体調不良は10月半ばまで尾をひいた...orz。

まあいい。たのしかった。

hachijo.JPG
あんまり泳げないと思う...。(じっさいはこんなもんじゃなかった...)