こすちゅーむ。

ファイナル

最近、なかなか写真を撮る余裕のあるライブがないのである...。

まあ女学院さんのツアーファイナルを...。
地味な衣装だが、もう年齢的に限界です。
ディルンドルどうなんだろう。

ここは終演後追いまくられないので余裕です。
いつもの場所だが、猫はいなかった...。気配を察知したのか。逃げられた。
IMG_1528.jpg

ハロウィン

色んなことがこれで最後かもしれないと思いつつなんとなく20年近くフリーターをしている...。半年後の自分がどうしているか本当に分からないスリル。
いや、半年後はおろか、3日後の自分が想像できない生活。

たとえば東京でライブをするために羽田行きの飛行機に乗る。
いつも上空で思うのだ。
2日後の帰路便のときの私はどんな人なんだろう、と。
何を話して、どんなライブになって、どんな展覧会を見て、何を掴んで戻ってくるのか。まったく予測見えない。2日後に伊丹行きの飛行機に乗る時にはそれらを全部知っている自分になっているはずなのだが、夢みたいだなと。眩しいな、と。
その連続。

先週の自分が知らなかったことを今週の自分は知っているという不思議さに目眩がする。

来年のハロウィンはどこでどうしてるんだろう、と去年もそういや思った。
明日をも知れぬ非常勤ナガシだからこそ、真剣に遊ぶのだ。
ヘヴィな境遇ゆえにライトなフットワークは可能になる。


で、2014にもハロウィンは来ました。

Fotosqhw].jpg
この白衣は医療側でなく患者側のコスなのですが、何でもまあいい。
市販品に穴あけたり斬ったり縫ったり塗ったりしてカスタム。

ナース服と水兵服は割愛しますぜ。アウェイだったので。

女学院さんのハロウィンパレードは盛大で、みなさん美形なので目に良いですね。すみませんね、青春の幻影で。時の中を旅する女なので年齢はいいじゃないか。15年前以上前の手製の衣装ですが、微修正しました。ファー外すの面倒でしたがバランス的に裾を4センチほど上げました。
でももうこのウィッグ限界です。介護なしで歩けない。
重量で後ろに引きずられるのを首で支え続けるのですが、翌日から首痛です。
Foto[1]_3.jpg


来年は(私に来年などあるのか...?)、もう着ぐるみにしたい。スパーキーとかになります。誰か首輪引いてね。いや、テッドのほうが楽だな。いや、鉄仮面かぶってスケバン刑事もいいな。(すみませんすみません、やってそうでコワいです。もうアヤナミはやらないように衣装ごと譲りました。)

ハロウィンもここ数年で急激に日本的な拡散を見せていて、臨界点のようです。SNSの発展と並行するようですね。アップする写真の格好の題材としてもいいのでしょう。単にたまった鬱憤をはらす口実として利用されている側面も見えてきました。形骸化した「ええじゃないか!」的様相。ネット上でも匿名武装するような層が仮装して悪事をはたらく日にならぬよう。
ルールあってのゲームの快楽。
ハロウィンの翌1日は万聖節。すべての聖人を崇める日に街がゴミだらけだったりする愚行はいただけません。

さて、街の変わり身の早さと商業主義は異常。すでにクリスマスのようです。

集中講義が終わった...

イアマスさんの集中講義はアナログの私には恐怖で、いつもすごすご逃げ帰ってくるのだけれども、そろそろ戦わないとな、と。
何で戦うかって、まずは衣装だろう。型から入るのだ。型を破るためにはまず型を作るのだ。

で、K林先生が写真を撮ってくれた...。

写真[5].jpg

初日。朝イチの出発で土砂降りで髪の毛も顔もボロボロである。
自分がクランケに等しい...。
聴診器にナースキャップ。現在ではもはや記号と化したアイテムをコスプレっぽく装着、これで医学史のライブをする。

写真[9].jpg

2日目。超特急美術史なので、ガイドというかパイロットというかCAというか...。
嵩張る付属帽子が遠征バッグに入らず、適当に代用。
少女時代みたいと言われた。え? フライト? 乱気流でしたよ、すみません。

936076_686175368132034_3733150128144550206_n.jpg

3日目。会場入りしてからメイド服をしつらえたので楽屋写真がないぞ、と。
日本のサブカル論というかもろコスプレという身体技法論なのでいいのだ。
ネコミミにメイド的エプロン、王道にして堕落である。

客席にもかわいらしいコスプレ学生さんがいらしてうほうほするが、なにぶんアウェイで何が起こるかわからないツアーなので余裕がない。

そもそも私のコスプレはトータルオール自作の三次元レプリカントだったのに、こんな軽い市販ものを組み合わせた「なんちゃって」を楽しんでいて恥ずかしくないのか、と自問(え?そこですか?年齢とか考えろというのは置いておいて。分かってますっ!でも、「年齢は自分で決めるもの」だって内田樹先生が...。)するが、これはこれで軽くてよい。


四日目はもうアンコなのでスパーキーTシャツである。
普段の講義のデフォが黒スーツにネクタイに黒ハイヒールゆえ、Tシャツにサンダル履きなんていうのがいちばん落ち着かない「コス」だな、と逆説的に思う。

あ、先月の女子大ファイナルのメイド服的衣装ネズミ耳バージョンをついでに残しておこう。
タトゥを飛ばしてモノクロにしたのだが気に入っている...。

撮影してくれたゆめちゃん、ありがとう。

写真mini.jpg

写真なんて加工し放題なのだな、とiPhoneのカメラの使い方を教えてもらっていて思う。
タトゥだけ消せるとか、なんだかなあと。
プロポーション引き延ばしたりウエスト削ったりも誰でも簡単にできるんでしょう?
だからこそ、意地でもそれはしない。
私のプロポーションは外界からのIMPRESS(外圧)と自分の内側から外へと表出する力(EXPRESS)のせめぎあいが描くライン。
いちばん私が私らしく世界と関係できる状態を模索することこそダイエット(養生術)であって、それは数値でははかれないし、まして加工なんてできない。生身の個人的なもの。いかんともしがたい生身があってはじめてそこにコスチュームが乗る。

メリークリスマス

プレゼントが欲しい!っていう欲望がいちばんふさわしくない日だと思います。

いい歳してサンタさんを待ってるそこのキミ、貧乏臭い事おやめなさい。
大人なら、サンタは待つものじゃなくて、なるもの。
あなたが誰かのサンタさんになるのです。

自分が今、何を他者の前に(プレ)差し出す(ゼント)事ができるのか
そんなことを思う日ではあります。

CIMG5326_2.JPG

某女子大教卓。(今年は年賀状にしたりしません!たぶん)

CIMG5361.JPG

自宅書斎一画...。私にしてはものすごく片付いている...。
会報をこれから作ります。みなさま楽しい夜を。

「今宵あなたは誰のサンタクロース?」

...というのは、昔、某阪◯百貨店内にうちの会社が出店していた頃、私が書いたDMハガキのコピーである。恥ずかしい。でもコピーライトの仕事は悪くはなかった。撮影も面白かった。何もかもはじめてでキラキラしていた。
まだほとんど夏なのにクリスマス商戦の商品選んで、撮影をして、コピー書いて。
実際のクリスマス時期には次の夏用のコピー考えてた。


たのしかった。

あれから20年。

私、ホントにサンタのカッコしてるとは思わなかったわ。

CIMG5240_2.JPG

某大学教壇。シュウカツ最中だかでスーツが多い客席、冷たかったw。
だからこそ、つきあってくれたお客さんありがとう、愛しています。

衣装アウトレット市販品。私、手が長いんですよ。XSサイズだと手が...。
ユザワヤでチープなレースを調達。袖口に縫い付けた。
安っぽいコスプレ衣装にはチープなレースにチープな靴が合うな。
下品でええな。素敵だ。
ついでに裾にも縫い付けた...(つもりだった)。
じっさい縫えてなかった...。イケアのミシンのせいだ。
でもそこはコスプレイヤーなので、最悪の事態を考えてテープ止めはうってある。


そう、最善を尽くすだけじゃ不十分なのだ。
常に、最悪に備えてなければならないのだ。

CIMG5321.JPG


えっと、"楽屋"。


メリークリスマスだね。


夢を売ろうと思ってる人間は、自分が夢を見てちゃいけないんだって。


誰かのサンタさんになる人は、クリスマスなんかなくていいのである。


それでも、サンタさんを待つしかなかった頃より、自分が誰かのサンタさんになれるほうが、いい。

海賊的な...

CIMG1310314.jpg

女学院さんのラウンジとやらが集合場所です、素敵...。

はい、ハロウィン飛ばしますよ、どんどんいきますよ、もう。

えっとこの海賊も市販でRM製。
備品が欠けているのでアウトレット放出されたものがたまたまサイズなんとかいけたので。
袖の黒レースはユザワヤさんで買って来て自分で縫い付けました。
なんか寂しかったので、サテンの腰布もオリジナルで縫いました。
帯にしてスワロのスカルを貼ってみた。

本当はコルセットのど真ん中にスワロ貼りたかったんですが布がもちそうになかったので。
肩ひもゆるすぎなので苦肉の策でクロスさせる、超あせった(笑)。
チョーカーは手持ちのそのへんにあったブレスレットです。なのでキツいw。

CIMG1310317.jpgのサムネイル画像

女学院さんのハロウィンパレードはみなさんものすごいクオリティ高くて、ホントに眼の至福でした。
先生方も素敵だった。


この衣装は実は女学院さんではじめてフルで装着したので慣れてなくてみっともなかった、恥ずかしいです。
前日なんか薬の副作用で倒れてて、しかも午前がミニスカポリスという二回廻し...(笑)。
撮られまくった全部の画像を回収したいです。ええい、忘れてください。

なんか講堂まで移動するらしいです。鳥目で夜は自動車運転も絶対できない私にはハードル高い。

しかもアイパッチで片目が塞がっている。

すみません、横にずらして両目で見てたので全部の画像がたぶん気持ち悪いことになってます...。

段差踏み外しそうな夜の校舎をイケメンマネさんが腕をとって介助してくれます。なんて素敵なのだ。

イケメンマネさん、自分も血だらけ眼帯なのに...。
あ、講堂で必死で学生にまぎれて擬態していたのに壇上に呼んだりしないでください。心臓に悪いです。

(すみませんすみません、隠れまくってて。どうしていいかわからなかったんだもの...。)


ああ、今年のハロウィン楽しかったなあ。
ほんとうに絡んでくださった皆さんありがとうございました。

懲りずにまだよろしく!


CIMG1310315.jpg

もういい加減カーテン変えたい...w

CIMG1310316.jpg

なんとなく棺に入ってみる...。どうやって写真を撮るのかしばらく悩む...。条件反射でそのまま就寝しそうになる。

またクリスマス、何かやらかしましょうぞ!

ミニスカポリス的な...その2

CIMG1310311.jpg

CIMG1310312.jpg

ええと、木曜日のこのコス、今年バカ売れだったみたいなんですけど。
LA製は何より安いしわりと地味で無難ですね。

これクオリティ悪くないけど、素材不明で皺が絶対に伸びません。スチームでも蒸しタオルでも無理。
帽子もひどかったんですが、アイロンかけたら布塗料が溶けてアイロンがダメになりました。
月曜の女子大のときも帽子はこれ被ったんですがひどい形のまま。
意地でもかたち直しました。熱湯処理しました(笑)。完全ではないですがなんとか。

バカ売れしているということは人とかぶる危険性があります。
週末にUSJにも着ていったんですがいました。でもがっつりインナーだのスパッツ着てらして...。
こういうのは思い切りですよ、そこで変な羞恥心を出すのは野暮です。
それように出来てるんです、そういうものとして。
(私もこのあまりのペラペラさにせめてネクタイだけでも...、と思い、ネクタイ自作しました。
 だがしかし...この超安っぽいゴムネクタイのほうがハマるんです、このコスには。不思議です。
 結局アイロンだけかけてそのまま採用しました。無駄だった。作ったネクタイは私服に使います。)
人とかぶったときがコレ系のコスの勝負なのかもしれません。
着ぐるみとか特殊メイクとかお笑い系でなく、この手のコス着る人はある程度コスいと思うんで(笑。自分含め)。
アレンジとプロポーションの勝負ですよ。(本能で勝負に出ようとする元コスプレイヤーorz)

とりあえずハロウィン当日なのでこれで講義をする。
超アウェイの大学なのでまだ客席に期待してなかったんですが、これがわりとすごくて嬉しい誤算でした。
とっても嬉しかったわ、ホントありがとう。

CIMG5014.JPG

ミニスカポリス的な...。

CIMG201310286.jpgのサムネイル画像

ハロウィンウィークですことよ...。
長年の布教の成果、名門私立女子大でもなかなかに仮装してくれたお客さんが多かったですことよ。
マイノリティとマジョリティが反転する愉快さを久しぶりに体感できました、ありがとう。
そう、過半数が仮装してくれりゃ、まともな学生がマイノリティになるんです。
「目立つのはイヤ、恥ずかしい」が逆転してしまうわけですよ。
ザッツ、コミケの法則。50万人もヘンタイだのオタクだのいるあの場所じゃノーマルが変人と化すわけです。


今年は教室移動があるので小規模にしかオレのステージ、いや教卓を飾れなかったですことよ...。
IKEAの蜘蛛の巣コースターをオーナメントに使いましたわ。

CIMG201310285.jpg

コート羽織ってそのままおうち帰ってきましたよ。
ガーラントとオーナメントはまだ使う(他の大学で。できれば来年も使えればいいですわねえー←非常勤は明日をも知れぬ命ですから毎回の講義が真剣勝負ですw)ので、とりあえず部屋に吊るしてみる。
「コレはヒドい!」としか言いようのないIKEAの布ですが、もう目が慣れてきました。棺あけたらIKEAの布。

さっさとニーハイソックス脱いでみた。あったほうがいいの?

カオダシも本名出しももちろん躊躇しますが、まあ、いい。もういい。
ネットコワいけどそこで固有名と生身ですことよ(矛盾)。
どうでもいいけど、カオナシってカオありますよね。(今日カオナシの仮装してくれたコがいた!)
女子大生はいいな。若いコはいいな。何着てもええもんな。そこ"だけ"は羨ましい!
ハイ、大人(...いやあの、まあええねん!)のコスプレは痛いのは分かっていますことよ。
でもニシカワタカノリが半ズボンを履く限りはほぼタメなのでいけると思いますことよ。

数ヶ月がかりで金に糸目をつけず完コスを自力縫製制作してきたワタクシが!
この私が!ペラペラテロテロの市販コスを嬉しそうに着用する日が来るなんて!
堕ちたもんではないですか。でも、言い換えればやっとそういうのをシレッとやれるようになったわ。
大人げなさを楽しめる程度に大人になったってことです!ポジティブ。

こんな格好で大学で講義するのはいかがなものかと言われりゃそりゃそうです。
でもハロウィンとかクリスマスに講義があるなら、面白いほうがいいじゃない?
休講にするわけじゃなし。...いちおう真面目にこの日も講義は遂行してますん。

CIMG201310284.jpg

スカート着脱式です。やっぱニシカワタカノリ信者としてはここは脱いでいかないと...。(4限に脱いでみたw)
ロンパースですよ。倒錯だなあ。40代の着るロンパース。
うわあ、ホットパンツだ。すごい短さだ。ああ、この丈の感触はまさに...

↓コレです。このときを思い出したわ。(当時の相方の制作した衣装ですけどね、コレ)
これから10年以上の歳月が流れたんですね。
でも、あんまり変わらないですね、プロポーション的には。むしろ今の方がイイと思う。


201310301.jpg

長く生きてみるもんですね。

人生は楽しい。

会報発送見込み他につきまして

たかだか集中講義が重なっただけでものすごく消耗していてすみませぬ。
愛犬が弱っていることにも弱っています。

そして色々とまた身辺不安定になっておりまして、ゆく先のことを考えるとキャパが一杯です。
日本という国で大学非常勤講師というのは職業としては成立しません。(道楽ならいけるかもしれません。)
とにかくバイト先か仕事かを探さねば死んでしまうのですが、今のライブ他の持ち場があるうちはそこは守らねば。
何かございましたらお声かけくださいませ。真剣です。わりと真面目に働きます。
(精密機械系と主婦系には向きません。やったことのある職種は、大学講師、OL、ライター、エディトリアル、コスプレイヤー、本屋雑貨屋飲食店他接客業、ベビーシッター、テープ起こし屋、その他です。あ、奥さん業はダメですが性癖上メイドには向きます、料理以外の家事は水準以上にこなします。)

シュウカツより会報が先ですね。スケージュル帳上では本来なら今日投函予定になってます。

相変わらずおしてすみません。昨日封筒に判子は押しました。今日は宛名書きをします。
え?本体? 大塚国際美術館ってどーよ的旅日記は書き散らかしています。あと、CT論をというご要望があったのでコレ幸いと再載しようと...。その他のコンテンツを今考えています。来月初旬には必ずお届けします。年4回のお届けも保証いたします。本当にすみません。


ええと、女子大のファイナル、地味すぎると怒られましたが(そういうお客さんはさぞかし派手な衣装を着用されていたんでしょうね? 他人を踊らせる前に自分で踊ってください。)、ミッキーエプロンをつくったんですよ。今度の製本講座にも着ようっと!(え。)
CIMG4321.JPG
ユザワヤさんで買った布の原形。着用時のピンの写真ないんです、今度撮ります。

何でもない日の...

海の日は大学は出講日である。でも祝日である。
お客さんもいつもより少ないかもしれない。
そして海の日に屋内の教室で座学というのはちょっと気の毒な気がしないでもない...。
ここは私が頭でもクルクルにしてみよう(思考回路が微妙にショート気味なのはいつものことである。)と。

去年(海の日だったような...。このブログをさかのぼれば出てくる)猫耳を作ってくれた綺麗なおねえさんがお団子を作ってくれた。
髪の毛が赤さんなみに少ない上ショートボブである。
せいぜい小龍包くらいのがニ個できればいいなと思ったら、鮮やかな手つきでみるみる肉まんみたいに!
たまにこういうの楽しいですね、自分も知らない自分にこんにちわ。

自分の影を見て気づく。ミッキーマウスみたいだと。


ライブ(講義)はもちろん通常なので輪転機をまわしてプログラムを印刷する。
k1069855_488428131240093_1747821569_n.jpg
K林さん撮影。着替える前にすでに激写されていた...orz。
カメラ付き携帯か携帯付きカメラかしらないが凶器ね(笑)。

ツイッター他のを再掲...。
ちょっと頭痛をもよおすIKEAのカーテンと不釣り合いに横たわる棺は無視していただくとして...。
へっへっ。

CIMGt4366.jpg

へっへっ。

CIMGt4331.jpg

ノースリーブバージョンは一般公開できないわ。

ちなみにエプロンをミシンで作成したのだが無駄だった...。
なんとなく蛇足だった...。
いつ使うんだろう、チャイナドレス生地のサロンエプロン。