割と書くことがない

風邪の熱がおさまってくると今度は喉に不安要素が移動します。
わりといつものパターンです。
ああ、明日も明々後日も月曜もライブなんだけれども...。こわいです。
やんなっちゃうほど体が弱いのであります。でもだからこそメンタルを強く保とうと思えるのも事実。
気が強い人にはなりたくありません。気を強くもてる人で居ようと思います。

精神には縁(ふち)がないけれど、肉体は疲弊するしうずくまるし、思うようにならない。
でもそれは肉体の咎ではなく豊穣のしるしなのだと教えてくれたのは、サイ・トゥオンブリの絵画(私の修士論文のテーマ)でした。


話すことを生業にしているくせに、先天的に発話障害を抱えていて、さらにライブ前に風邪ひいて喉痛めるとかそりゃないぜ。
自分でもそう思いますが、でもこうしてたまに喉を痛めるたびに話せる事の貴重さも思い知るのです。
胃が痛いときはじめてその形を意識するように、歯が痛むときはじめてその働きに気づくように、足をねん挫してはじめて歩行のメカニズムを考えるように。
あたりまえすぎて見えないことが、少しずれると見えてくる感じ。
病いは身体の表現であり表象なんでしょう。たまには不健康でいいのではないでしょうか。

「あれだけライブでよくしゃべれますね」とは言われますが、そんなに喋る事なんて本当はないんです。
作っているんです。

ツイッターはそこそこ意識的につぶやいてはいるけれど、FBはおろそかです。
私の携帯はひどくアンティークだし、私が機械音痴なので、写真をアップしたりできないので気後れします。
いや、そんな記録に残すべき日々を送っていないのであります。
読んだ本、着た服、食べたもの、見た映画、訪れた場所、会った人...それらはすべて私という人間を構成する成分。
それを公に晒すことに未だに激しい羞恥心があります。
結果的に自分が書くものは全部自分なんだけれど、ひねってひねって、加工して、他者の前に出すだけの体裁を整えて、もう自分という原形が分からないようなレベルにして出す(みたいなことを昔村上春樹が言ってたような気がする)のでない限り。
で、そのようなレベルに加工するのは、わりとエネルギーが要るのです。
(コスプレというのも私のなかではそういう加工でした。エネルギーが要ります。笑)

いちおう、文字や言葉を扱って生きています。

文字はすでにある何かを記録し、保存するためにあるのではありません。
それは新しい何かを造り出してしまう、とても創造的な力なのです。

創造の創は創傷の創。
傷つけても自分のなかの「倉」に何もないことが分かっていたり、そもそもそうそう傷つける場所もない、というのもあります。

何かをEx-pressしようと思えば、その前にIm-pressありきです。
すべての優れた表現者はすべからく、それ以前に優れた受容者に他なりません。

このIm-pressの効率がどうも私は悪いようです(笑)。致命的です...どうしましょう。

最近読んだ本のあとがきに「一生かかっても使いきれないお金と、一枚の絵の前で数時間うっとりと佇んでいられる能力(?)」のどちらかを選ぶなら後者だ、という記述があって、陳腐な言い方をするなら感銘を受けました。私も同感です。そこに一切の迷いはなく。
そしてそのふたつがはかりにかけられるような価値だとしたら、後者の能力は私はすでに持っています。
ただのグズだと思っていました、ずっと。でもそれを「能力」と思えたとき、何か変わるのでしょうか。


マゾヒストのはしくれとして、敏感な痛覚と、傷つくことのできる能力を失わないこと。
オナニストのはしくれとして、自分で自分がどうすれば気持ちイイのか探し続けること。
ナルシストのはしくれとして、自分に愛されるに値する自分をつねに鋳造していくこと。

5/28のライブは第3研修室に会場移動します。

5/28のライブは第2会議室を予定しておりましたが、第3研修室に空きができたため移動いたします。(気分を変えたり、手狭感を解消できるときはする、ということで。笑)
いつもの会議室は18人で満席ですが、この研修室は36人までです。
いつもと同じ階にありますので、第3研修室をめざしてお越し下さいませ。

ただ、ホールやドームじゃなくて、マイクさえ要らない小さなハコつまりライブハウス感覚で...というと大げさすぎますが、大学みたいに300人以上の階段教室で機材完備でなくていい、アナログで肉声が届くようにきゅっと詰まった小さな小さな会場で、スクエア54はやっていきたいです。

28日の会場変更につきまして、現時点でご予約を承っているお客様のうち11日のライブに来られる方には口頭でお伝えし、そうでない方には前日までにメールを差し上げますが、メールが不達になる場合もございますので、お知らせいたします。



あ、会報14号では本の縮尺が分からなかったのでついでに...(これも、あんまりよくわからない。煙草を置こうにも今は煙草吸わない人に成り下がったので...。)
CIMG4214.JPG


一番上の掌サイズのシュティフター短編集(ウィーンで買った。ペーパーバックスじゃなくて装丁買い)の版型(会報より一回り小さい)がとても好き...。
アーダルベルト・シュティフターの小説には特別な事件も劇的な展開も声高な教訓もない。どこまでもささやかな日常を送る、善良な人々がいるばかり。
シュティフターは実は小説よりも絵画がイイのです。ウィーン9区のシューベルトの生家の一画、小さな小さな空間にコレクションされています。

5/11のライブの追加公演につきまして。

5/11(土)のライブは早々に満席となっておりまして、ご迷惑をおかけいたしております。

6/6(木)に会場にキャンセル空室が出ましたのですかさず確保いたしました。ここでそのまま5/11のライブ内容↓を再演することを考えております。

『ユダヤ教とキリスト教とその所産』
イスラームとその美術のライブのときに、他の宗教もこういう感じでもう一度というリクエストがあったので、これを機にユダヤ教とキリスト教をあえて再び見てみようと。キリスト教美術史となるとイコール西洋美術史と言っても過言ではなく、それを網羅することはできないがキリスト教という宗教がどのようなものかを、客観的に探ってみたい。


キャンセル待ちの方、満席で行けなかった、とおっしゃる方、ご検討いただければ幸いです。
また、5/11より6/6のほうがええわ、とおっしゃる方は変更も可能です。
お客様が3名さまも集まれば、演る方向でございます。

イレギュラーで申し訳ありません。
とりいそぎ6/6(木)19:00〜21:00に第一会議室を確保いたしました。
WEBフォームの設置までしばらくかかります。
それ以前にもお問い合わせ、ご予約はメール、ツイッターなどで伺います。

プライベートブログPW変更のお知らせ

スクエア54の年度変わりにつき、パスワードを変更いたしました。

今期の会員さんには会報にてお知らせしております。
不具合がございましたらお知らせください。
パスワードは他言なさらぬようよろしくお願い申し上げます。

なお会員外の方からのパスワードのお問い合わせには応じられません。
ご了承ください。

「空色の会報できました」

会報14号は54ページで、5月4日に投函を完了しております。
万一会費を振り込んだのに来週中に届かない場合、ご一報くださいませ。

継続の方、紙製ケースの中に割引券2枚を同封しております。
新規の方、会報に割引券3枚を挟んでおります。ミニ付箋が放り込まれています。
どちらも、色の組み合わせなどに対するご希望にはそえませぬ(笑)。

落丁や頁反転などございましたら(可能性はあります)ご遠慮なくご指摘ください。おとりかえいたします。表紙の「鍵」が壊れている場合、それは仕様です。茶封筒を開けた時に鍵は破壊される仕様だと思ってください、すみません。あんなに扱いが面倒だとは...。

ライブ日程がHPに反映されweb予約ができるようになるまでもう少しお待ちください。

5円切手を180枚って郵便局でいったら「え?なんで?」みたいな顔をされた。
だって青い白鳥のほうがよかったから...(笑)。この柄好き。ちょっとオスタルジー。
全封筒に5円切手だけを18枚貼ってやりたい!と思ったけど郵便局が気の毒なのでやめる。


工程。

中身をとにかく書いて、ページ割り振って、プリントアウトして切って糊で貼り付けて、コピー屋にいく。

コピーして裁断をしたやつを折る。
(この時点で表紙に穴をあけたのが敗因です。綴じてから封入直前にパンチするべきだった。ちぃ、おぼえた。でも今回は穴の向こうは白無地になるようには計算した。笑)
SN3E0053.jpg

全部折った...。
130503_0152~01.jpg

あとは指サックでピックして挟んでホチキスで綴じるだけの簡単なお仕事です。


スクエア54 東京ライブ速報

東京での次回のライブは

6月8日(土)の午後と7月27日(土)の午後です。それぞれ1公演づつです。
場所はいつもの東京都現代美術館第二研修室です。

セットリストを早急に決めます、とりいそぎ会場を確保できました、ということです。
みなさまのご来場をお待ちいたしております。
どんどん暑くなりますが、♪カラダを夏にして、お越し下さいませ。

SQ54の始動時のチラシより...(笑)。
eDSC02683_2 のコピー.jpg

green envelope

緑いろの封筒と緑の通帳を目にする時期。

今期も新規の方、継続される方の気配が届く頃になった。
身体のどこかがキュッと緊張して痛覚に似た感覚が走る。

時間と作業と空間のエコノミーのこの時代に、通信欄に手書きで住所氏名を書いて郵便局まで行ったり、銀行や郵便局のATMに対峙して操作していただくことを思えば、文字通り「有り難い」ことである。
「アリガトウ」って本心から思う回数が人生の豊かさを測る数値であるなら、結構裕福です。

自分の基準として普通以上のことを、普通に。
現状に満足することはない、という現状維持。


で、小心者のワタクシ、同時にホンの少しだけこの時期不安に思うのです...。
それは、資料請求したのに会員にならないのが失礼だなんて思っている方がいるのではないか、とか、以前会員だったけど更新しないことで何か後ろめたく思われる方がおられるのではないか、とか。顔見知りだから断りづらいとか。
スクエア54に関しては、どうぞそういう余計なお気遣いなく。
なりふり構わず友人知人その友人と手当たり次第勧誘して、壊れる人間関係を会社員時代からたくさん見てきました...。
個人でやっているとどうしても混同が生じやすくなるのは否めませんが、アナログだからこそ臨機応変も可能で、できるだけしがらみのない状態で、と思っております。

ライブ本番の演出以外では、けれんみなく。

「去年も一昨年も振り込みしそびれちゃったー、また案内送って!」なんておっしゃっていただける方には喜んでお届けします、いつでもどうぞお声掛けください。
こちらから積極的な勧誘や入会を促す行為はいたしません。

来週末くらいから会報14号の製作にかかります...。

CIMG4174.JPG
2012年度会報表紙。
2013年も手に納まるこの版型でいこうかな、と(11号付録のオーストリア紀行が変形ですみません、イレギュラーでファイリング保存に困るとおっしゃっていただけた方、嬉しかったです。)
郵便料金80円の壁はとうに諦めました、25グラムまでの減量はいたしません。
50グラムまで肥満できる方向です。切手貼りたいのでメール便も使いません。

ゲスト「ライブ」のお知らせ

週末に急なゲストライブがあるのですが、恥ずかしいので自分から告知できませぬ...(なんだそれ)。
というか、この時点で白紙です。
会報作業が終えたので明日何を喋るか考えます、どうしよう。
なんで15年以上もライブをしているのに、見られることが恥ずかしいんでしょう。
いまだに、慣れない。コスプレも水着もまったく恥ずかしくないのに。

自分のライブが映像になったりすることを考えるともうダメです。
講義ならいいんだろう、と思う。NHK教育テレビなんかでやってるような原稿読み上げるような感じの。

ライブDVDはライブじゃない。You Tubeはナマじゃない。
「YouTubeで実際に見ました」と胸を張る主張を見るけど、それ「実際に見て」る、の?
ともちゃんのライブ見たよ、というのは、そのときその場所に居る生身の肉体だけに言える事であって欲しい。当たり前だと思うのです。


芸術学の学習会は次回夏休み前くらいに...。

東京自由大学さんから、ライブレビュー記事をいただきました。
ご来場いただいた方、まとめてくださったHさん、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
scan 1.jpegのサムネイル画像
ぽやんとした顔してます(笑)。何の指なんでしょう。

会員継続のお願い

またたく間に季節が過ぎていきます

ここ数日スクエア54の会報13号にかかっていたのですが...。

2012年度の会員さまにお届けする、その最後の会報のための表紙の紙をフクヤさん(文房具屋なのにフクヤさん...)で選んでいて、この私がピンクを手に取りました。いちばんリーズナブルな紙にも、桃とさくらがあるんですね。なんとなく、さくらの花びらのパンチもしてみたくなって...。

で、失敗しました(笑)。思いつきなのですみません、花びらのむこうに「サーカス」の文字あたりが...。これからは上手くやります!失敗を積み重ねてひとつひとつです、会報作業も。しかも自動裁断機を使わずにまた手裁断したのでものすごいバラバラ感。

それから、ディズニーシーの写真に裁断の紙くずをのせたまま印刷してしまいました、目をつぶることにしました...orz。

会報13号は28日に郵便局投函です。

で、肝心な会員継続について、会報本体でわかりやすく触れてないのですが、いまいちどスクエアのインビテ冊子を見ていただきたいのです。去年のものから文言を改訂しています。
引き続き継続される方の2013年度の会費は3900円です。THANK YOU!

誠に恐れ入りますが会費を「アスケイレ」ていただき(リスクはそれだけです)、
その代わり何かを「ヒキトリ」していただければ嬉しいです(リターンは不明です)。

会費納入された際は14号がお手元に届くまで念のため控えを保管ください。
14号(5月初旬までに投函予定)をお届けするまでの期間が今回短いため、14号お届けをもちまして会費受領の確認とさせていただきます。

CIMG3767.JPG
これはMelk駅(オーストリア。メルク修道院のある駅)のロッカー...。日本人観光客が多いのでしょう、きっと。

肌理(grain)のあること

2012年度の最後の会報、13号はただいま制作中です。
月末には発送予定です。2013年度の継続案内はそこに同封されます。お待たせして申し訳ありません。どうぞよろしくお願い申し上げます。また、お連れさまなどにご紹介いただければ幸いです。

新規の方はHPトップの桜色部分からお気軽に案内ご請求ください。
2013年度はゴールデンウィークあたりに会報14号からお届けします。

新規会員としてお申し込みいただいた方に明日以降から随時会員証を投函します。
実はコレ待ちでした...お待たせしました。今後の郵送物に同封されます。
130322_0930~01[1].jpg

はい、名刺代わりに活版コースターを作ったら巨大なの出来ました。これでもうお客様のおじさまたちに名刺の字が小さい...と言わせない(笑)。ライブのときの「表札」にも使えるかな、と。ちょっとトランプっぽくしましたが、いかにせん、こういうデザインのセンスがありません。
本来あまり主張しすぎるのは気恥ずかしくて、文字も最初ものすごく小さくレイアウトしていたのですが、春なので(?)ギリギリまで大きく出てみました。
ライブの手書きプログラムの字の大きさは仕様です、これからもあまり変わりません。すみません。

活版印刷の持つ肌理(きめ)が好きです。
手触り、触覚で感じるもの。

どんなにネットの電脳社会になっても、基本は生身のカラダからだと思うのです。今年のスクエア54もフルに生身を使います。