2012年10月

現代美術、デュシャンまでに何が起こったか

デュシャンは美術におけるダダだったが、哲学神学におけるダダとしてのニーチェや、学問におけるシュルレアリスムのフロイトなどと、印象派やキュビズム・フォビズムの20世紀初頭の美術を関連づけていく。世界を変えた4つめのリンゴ(三つはそれぞれ、アダムとイブ、ニュートン、そしてスティーブ・ジョブズ)としてセザンヌの絵画を取り上げることからはじめる(予定)。

2012/10/27(土)
東京都現代美術館 第二研修室 午前の部 11:00〜13:00 [ 終了致しました ]
(可能であれは2公演セットでどうぞ。かつての西洋美術史TGVなどと一部内容が重複いたします。)

現代アート、デュシャンの後の祭り

美術の舞台がアメリカに移り、作家の数だけイズムがあるいわば「エッケイタス」(アリストテレスの個物観に端を発する、スコラ哲学における特殊個別体)の時代に突入する。本当に「現代美術はオワコン(終わったコンテンツ)」なのか。もしそうならそれは何故か。体系や構造が不在ゆえに「学」の対象になれない1950年以降の「ゲンダイビジュツ」を、それでも概観してみようという試み。

2012/10/27(土)
東京都現代美術館 第二研修室 午後の部 14:30〜16:30 [ 終了致しました ]
(可能であれは2公演セットでどうぞ。かつての西洋美術史TGVなどと一部内容が重複いたします。)

『建築から読み解く西洋美術(仮)』

 これ、今考えあぐねているところです。
 バロック建築がバロック絵画と切り離せないものである、という実感がヨーロッパを旅しているとあって、絵画と建築と結んでみたいという欲はかねてからありました。建築architectureのarchはギリシア語で起源、原初。人が直立し、石を立てることから建築ははじまりました。建築と芸術がダイレクトに繋がるのはルネサンスあたりからですが、ヨーロッパの建築様式と芸術文化を繋ぐラインを出したいと思っています。またとりとめもない話になるかもしれませんが、もう少し詰めていきます。話の流れで、西洋的黄金比と日本が好む白銀比なども余談に入れるかもしれません...。

2012/10/31(水)
大阪市立総合生涯学習センター 第3会議室 19:00〜21:00 [ 終了致しました ]
  • 1