ゲスト講演『舌耕芸としての漫才』

講師:小林昌廣(IAMAS 教授)

ぜひ続投をというリクエストで、前回の落語にひきつづき漫才で何かお話いただきます。

 漫才は落語とはまったく違った起源をもっている。まず「萬歳」から始まり、そこに放浪芸たるさまざまな音曲芸能が加わり、最終的には昭和初期に現在の「漫才」となった。今回はその歴史を振り返りながら、現在の漫才にいたる「ボケとツッコミ」の系譜について考察する。

2013/10/25(金)
大阪市立総合生涯学習センター 第7研修室 19:00〜21:00 [ 終了致しました ]