2014年6月

『日本の暦』

時間は平等に流れるがそのとらえかたは古今東西で違う。暦は「日読み」であり、人々の生活の「羅針盤」でもある。グローバル化する現在、時間概念もまた地域差がなくなってきてはいるが、今回は日本の暦に重点をおき、時の尺度の変遷を考えたい。年中無休も当たり前の勤勉な国民性は、いかなる尺度に根ざすものなのか。

2014/06/17(火)
大阪市立総合生涯学習センター第7研修室 19:00〜21:00 [ 終了致しました ]

『時の尺度〜西洋の暦あれこれ』

世界にはいろんな「暦」があって、今私たちが使っている西暦や日付はけっして不動不変の時の尺度ではない。日付変更線はそれ自体が可変的な幻であり、宗教や価値観が変われば暦も変わる。回る地球の大自然と暦という人為のせめぎあい。いろんな暦を検証していきながら、今という時間を見つめ直していく。(3/24大阪公演の再演)

2014/06/21(土)
東京都現代美術館 第二研修室 14:30〜16:30 [ 終了致しました ]

ゲストライブ

2014/06/28日(土)
高槻現代劇場会議室 13:30開場 14:00開演 [ 終了致しました ]

芸術学の学習会HP
詳細未定

※スクエア54主催以外のゲストライブになります。
  • 1