『世紀末ウィーンの芸術文化』

ありがとうございます。満席となりました。
(ご予約済みの方でキャンセルされる場合、ご一報ください。)

有志の方にお題のリクエストをいただき、久しぶりの東京ライブです。

以下、ご案内文です。

『本年はウィーン友好150年の年であり、クリムトをはじめとしたウィーン世紀末の芸術をテーマとした展覧会が複数開催されています。ウィーンという"円環都市"に学び、偏愛してきた田川とも子講師による、クリムトやシーレだけではないウィーンの芸術文化の講義を通じて、より深くマニアックに、ウィーン19世紀末とはどのような時代であったかを学びます。』

2012年にウィーン世紀末に関しては一度ライブをしており、内容が重複すると思われますが、もしよろしければお越しくださいませ。

2019年6月16日(日)
14:00〜16:30頃 (開場13:30)
東京都現代美術館 地下1階 研修室2
東京都現代美術館 アクセス
(なお、この公演は東京都現代美術館に関連する催しではありません。会場をお借りしているのみです。)

講師大阪在住につき、東京のみ申し訳ありませんが非会員の方の参加費を2,500円とさせていただきます。少しライブ時間を長く設定しておりますのでご理解ください。スクエア54会員さまのチケット代は変更ございません。

5月7日配信のメルマガVol.83において、6月19日(日)と誤表記してご案内してしまいました。正しくは6月16日(日)です。メルマガからお超しいただいた方、ご確認ください。申し訳有りません。